【グーグル対策】
 ここではグーグル対策についてお話したいと思います。一般的にはグーグル対策=SEO(Search Engine Optimization)対策だと思っていただいて結構です。一般的にはグーグルで検索結果、順位の高いサイトをまずはクリックするはずです。ということ検索結果の上位表示サイト=アクセスが多いという図式が生まれます。
やはりアクセスがなければどんなに内容が充実していて素晴らしいサイトでも意味がありません。ここでは少しでも上位に検索結果を表示するためにはどんなことをしたら良いのか考えていきましょう。


1.自分のサイトのキーワードと一致したホームページと相互リンクをしましょう。
 そのためには、検索してほしいキーワードを自分で決めることです。変な思い込みから、ユーザーの使わないキーワードを選ばないように慎重に決定しましょう。そのキーワードで上位に表示されるサイトは、あなたのホームページよりもページランクが高いはずです。自分よりもページランクの低いサイトでも相互リンクする価値はあります。なぜなら、半年後には自分のランクを追い抜いているかもしれないのですから。内容重視です。初めから相互リンクをお願いしても受け入れてもらえない可能性が高いでしょう。まずは、あなたからリンク許可をもらいリンク集に加えておいて、その後、ある程度自分のホームページが充実してきたら、相互リンクを依頼するなど、独自の工夫が必要です。
2.サイトタイトルを見直しましょう。
 タグでいえば<TITLE>クリックで稼ぐプチマネー講座</TITLE>の部分です。ロボット検索エンジンではタイトルは必ず表示されます。ここに検索されたいキーワードを織り込むのです。
3.TOPページだけではいけません。すべてのページにタイトルをつけましょう。
検索エンジンにとってTOPページも、その他のページも同じ扱いなのです。タイトルのないページは「無題」とIEの上に表示されます。無題がキーワードになってしまっていませんか?
4.なぜ相互リンクをするのか?それは自分のページの人気投票なのです。
  つまり、同じキーワードを持ったサイトからリンクされるほど、自分のページの重要度が上がってきます。まったくちがうコンテンツのホームページであっても、ページランクが高いホームページからリンクされることは大切なことです。他のお小遣い系サイトやページランクの高いサイトから紹介されているほど、高得点が得られます。そのときに、ページのタイトルがものをいうのです
5.相互リンクを頼むのは難しいという方は、自分だけでも人気投票することが出来ます。
それは、自分のサイト内でのリンクにキーワードを織り込むのです。例えば「お小遣い」をキーワードに使用とするサイトなら、メール受信で稼ぐ・リンク集→メール受信で稼ぐお小遣い・お小遣い系リンク集。くどい説明かもしれませんが、それぞれのページに投票したことになります。メール受信で稼ぐにはこちらからというように、こちらからにリンクを入れると「こちら」がキーワードになります。Googleで「こちら」を検索するとAcrobat 5.0のダウンロード紹介ページが一番に出てきます。
6.リンクではなくテキストとして、ページのキーワードを織り込む場合は、一つのページに2〜3個程度にしましょう。
多すぎても無視される場合があります。同じキーワードを同一ページに載せすぎるのは逆効果です。また、背景と同じ色でキーワードを入れるのはやめましょう。一度は検索結果に反映されますが、最終的にはランクダウンとなる恐れがあります。
7.コンテンツを専門化していこう。
つまり、コンテンツがテンコ盛(料理・詩・趣味・株情報・・・・)だと、どれが重要なキーワードなのかロボット検索が判断に困ります。どうしてもお小遣い系以外のコンテンツを作りたいのであれば、別のサイトを立ち上げるといいでしょう。フォルダを分ければ今のサーバーでも簡単に作れます。コンテンツを専門化していくことで、相互リンクをしてもらえる可能性だって高まるかもしれません。一つのサイトにすべてを統合するよりも、同じお小遣い系でも、それぞれに(例えばリードメール、節約など)ページを立ち上げたほうが、キーワードを絞りやすくなります。
8.トップページからの戻りリンクは必ず付けましょう。
ロボット検索はサイトを見に来たときにTOPからリンクされているページはすべて見ていきます。それなのに、行き止まりでTOP(もしくはサイトマップ)に戻ってこれないと全ページを検索する前に途中で帰ってしまうかもしれません。
9.画像ボタンで各ページにリンクしてる場合は、必ず代替テキストを設定しましょう。
テキストがないとキーワードを含まないリンク先になります。画像を多用していて、テキストのほとんどないサイトでは必ず設定しておきましょう。長い文章でもOKです。
10.メタタグを入れている方は、すべてのページに入れておいたほうがいいでしょう。
すべて同じで問題ありません。メタタグはあまり重要視されていませんが、テキストとして認識される場合もあるので、ないよりはあった方がいいかもしれません
11.ページ数を増やしてサイト規模を大きくしましょう。
一つのページに長々と書くよりも格段と読みやすくなりますし、ロボット検索エンジンから見たサイトの規模が大きくなりますので重要度が上がります。また、引っかかる可能性が増えます。
12.cgi・ssi・aspなどhtml・htm以外の最新の技術を使うと、ロボットがページ情報を取得できない可能性があります。
また、フレームを使ったサイトは、index.htmlだけを読んで帰る恐れがありますので、それぞれのフレームページを単独で登録する必要があるでしょう。TOPページだけはフレーム化しないほうが無難ではないでしょうか。
13.各ページに他のページへのナビゲーションを付けましょう。
(リンク一覧のこと)これも自分のページでの人気投票です。フレームでなくても同じ位置に同じリンク先が表示されれば、ユーザーにとっても利用価値は高いのです。ページの多いサイトでは、サイトマップも有効です。
14.自分のサイトが修正できたら、Googleに巡回を依頼しましょう。
自分のページのキャッシュがGoogle内に登録されています。それが古いままでは、キーワードを正しく検索されません。Googleの更新は月に一回です。URL登録
15.重要なキーワードは、大きなフォントや見出しフォント(h1タグなど)にするとGoogleは重要キーワードだと認識します。
文章に強弱をつけるのです。ただし、乱用は逆効果になります。
16.リンク集は無差別なリンクではなく、厳選したものにしていく方が有益なリンクとしてユーザーにもロボット検索にも認められる。
そのためテーマ別のリンク集がよいのです。ただし、管理しておかないといけないのは、リンク切れ。リンク切れが多いとロボットが巡回してきたときに評価を下げる恐れがあります。
17.リンク集は無差別なリンクではなく、厳選したものにしていく方が有益なリンクとしてユーザーにもロボット検索にも認められる。
(キーワード間の接近度)つまり、Googleではキーワードの接近度に従って順位付けをします。
18.TOPページはテキスト量が豊富なページの方が有利。


メール受信で アンケートに回答して サイトに訪問して
モバイルで Gポイントとは? ネットマイルとは?
アフィリエイトで稼ぐ リンクスタッフで稼ぐ アクセスアップ






Copyright(C) 2005 クリックで稼ぐプチマネー講座 All Right Reserved.

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー